経費精算と認められないと

会社にとって、必要な経費というのは必ず発生するものですが、中にはこれは認めたくないと思うような経費の申請もあると思われます。経費精算でどこまでを対象とするか、はっきりと明言している会社もあれば、経理や関係者の裁量によって、なんとなく決まる会社もあるでしょう。いずれにしても、領収書やレシートが必要なのは言うまでもありませんが、それらがあっても認めるかどうかは、会社によって異なりそうです。同じタクシーの利用でも、ある人は認められ、ある人は却下されるということが、おそらくあると思われます。却下された場合は自腹ということになり、腹が立つやら後悔するやらと、心の中は大荒れでしょう。金額にもよりますが、タクシーに乗るならそれなりに必要だったと思われるだけに、同じ轍は踏むまいと考えるようになるのではと思うのでした。


経費精算でムダと判断されることは

会社に勤めていると、何かと経費が発生します。交通費や交際費、飲食費などが思い浮かびますが、立て替えて使った費用のすべてが、後日、何の精査もなく認められるとは限りません。むしろ会社としては、できるだけ経費を削減したいと思っているのは間違いなく、高度経済成長期やバブルの頃に比べると、経費についてのチェックは厳しくなっていると思われます。どこまでを経費精算の対象とし、どうなれば却下とするかは、会社によって判断基準が分かれるところです。けれど、たいていの場合、ムダと判断されたものについては、却下されるのではないでしょうか。申請をする側にとってはムダとは思えないことも、経理の立場から見ればムダに思える場合があります。どういう理由でムダになるのかを知っておけば、同じ失敗を避けることができると思うのでした。


経費精算できる可能性を

ビジネスマンにとって、どこまで経費で精算してもらえるかは、いつも気になっていることではないかと思います。特に営業で外回りをしている人などは、暑い中、自動販売機で買ったジュースはどうなるのだろうとか、疲れてきて、思わず飛び込んだ喫茶店での飲食代はと、気になることが多いと思われます。経費精算することの条件で、最低限度守らなければならないのは、レシートなり領収書なり、何らかの使った金額を客観的に証明できるものをもらうということでしょう。いくら外回りで暑さに参り、ここで水分補給しなくては熱中症になると思ったとしても、自動販売機はレシートを出してはくれません。そうなると、せめてレシートをくれるコンビニで買おうということになるでしょう。それが経費精算の対象にされるかどうかはさておき、少なくとも可能性は残しておくのがベターだと思うのでした。